女性とうつ-産後うつ


心療内科 精神科 医療法人和心会 あらたまこころのクリニック
〒467-0066
名古屋市瑞穂区洲山町1-49
TEL:052-852-8177

福祉のページ


5人に1人以上が産後うつ病にかかる

女性は、出産後にうつ病にかかることがよくあります。
産後うつ病と呼ばれるものです。


産後、女性の10~15%が産後うつ病に苦しんでいるというデータがあります。


出産後、女性の身体と環境は大きく変化をします。


うつ病と女性ホルモンの関係

身体の変化とは、女性ホルモンの変化です。


右のグラフのように、妊娠中は女性ホルモンの血中レベルは徐々に上がり、とても高くなっていますが、出産後、急激に低下し、妊娠前の元のレベルに戻ります。


このホルモンの急激な変化が、うつ病と大きく関係していると言われています。


環境の変化も大きく関係している

また、環境が激変することも大きく関係しています。


生後間もない赤ちゃんは、昼夜関係なく泣き、母親となった女性は、まとまった睡眠時間をとることができません。


何もできない赤ちゃんのお世話で外出もままならず、孤独を感じる人も多いようです。
さらには、自由な時間がもてなくなったり、疲れているにも関わらず、たくさんの来客者が訪れ、いろいろな準備に追われたり…。


母親なら当たり前と思うかもしれませんが、これは本当に過酷な日々なのです。


これらの理由から、産後うつ病になる女性が多いのです。


産後うつ病は、あまり知られていないため、うつ病だと気づかずに放置してしまうこともよくあります。しかし、症状がひどくなると、幼児虐待や、母子で心中などということにもなりかねません。


また、母親の精神状態は、赤ちゃんも大きく影響を受ける可能性がありますので、なるべく早く専門医のいる病院に行って適切な処置を受ける必要があるでしょう。



産後うつ病の症状とは

産後うつ病の症状は、一般的なうつの症状とかわりありません。

以下のような症状が続くようであれば、産後うつ病の可能性があります。


  • 眠れない
  • 食欲がない、吐き気がする
  • 頭痛がする、朝起きて気分がゆううつ
  • 疲れやすい、気力がでない
  • 涙もろい
  • 自信が持てない、
  • 子どもに愛情が持てない
  • いらいらする、不安になる
  • 神経質になる

うつ病といえばこころだけの病気と思われがちですが、頭痛や吐き気などの身体症状が出る事も多くあります。上記以外にも原因不明の体調不良が続くようことがあれば、うつ病を疑い、一度受診してみましょう。