女性とうつ-月経前不快気分障害(PMDD)


心療内科 精神科 医療法人和心会 あらたまこころのクリニック
〒467-0066
名古屋市瑞穂区洲山町1-49
TEL:052-852-8177

福祉のページ


女性とうつ

月経前不快気分障害(PMDD)

 

月経の数日前から月経がはじまるまでの間に、下腹痛、便秘、吐気、乳房の痛み、のぼせ、イライラ、うつ気分になるなど、様々な症状が出る女性は多く見られます。


月経のある女性の50%~70%が、そういった症状を持っていると言われています。


【 PMS 】

少し辛いが日常生活を送れる程度のものを「月経前症候群」(PMS)といい、症状は、全体に軽症で、月経の始まりと同時に消えていくのが普通です。


【 PMDD 】

月経のある女性の5%の女性に見られる、さらに重症なものを「月経前不快気分障害」(PMDD)といいます。


PMDDは、PMSと同じような身体症状が現れますが、さらに日常生活さえもままならないほどの気分の悪化が現れます。


普段は全くうつ症状のない女性が、月経開始数日前から、抑うつ感や不安感などの精神症状が前面に出て、社会および家庭生活を送るうえで大きな障害となります。時には、攻撃的、暴力的になったり、重度の抑うつ感から自殺関連行動をとることさえあります。


このような症状は、月経開始から数日後には消失し、全く普通の精神状態に戻ります。


PMDDの原因は、女性ホルモンなどの異常や、脳内神経伝達物質(セロトニン)の欠乏などとする説がありますが、まだはっきりとはわかっていません。


しかし、PMDDは病気ですので、PMDDが疑われるようであれば、早めに専門医に受診することをお勧めします。


参考までに、DSM-IVにおけるPMDDの定義(研究用基準案)を以下に示します。


PMDDの研究用基準案(DSM-IV)
過去1年間の間の月経周期のほとんんどにおいて、以下の症状の5つ(またはそれ以上)が黄体期の最後の週の大半の時間に存在し、 卵胞期の開始後2,3日以内に消失し始め、月経後1週間は存在しなかった。(1)(2)(3)または(4)いずれかの症状が少なくとも1つは存在する。
(1) 著しい抑うつ気分、絶望感、自己卑下の観念
(2) 著しい不安、緊張、"緊張が高まっている"とか"いらだっている"という感情
(3) 著しい情緒不安定性(例:突然、悲しくなるまたは涙もろくなるという感じ、または拒絶に対する敏感さの増大)
(4) 持続的で激しい怒り、易怒性、または対人関係の摩擦の増加
(5) 日常の活動に対する興味の減退(例:仕事、学校、友人、興味)
(6) 集中困難の自覚
(7) 倦怠感、易疲労性、または気力の著しい欠如
(8) 食欲の著明な変か、過食、または特定の食べ物への渇望
(9) 過眠または不眠
(10)圧倒される、または制御不能という自覚
(11)他の身体症状、例えば、乳房の圧痛または腫脹、頭痛、関節痛または筋肉痛、"膨らんでいる"感覚、体重増加
【注】月経のある女性では、黄体期は排卵と月経開始の間に対応し、卵胞期は月経とともに始まる。月経のない女性(例:子宮摘出を受けた女性)では、黄体期と卵胞 期の時期決定には、循環血中性ホルモンの測定が必要であろう。
この障害は、仕事または学校、または通常の社会的活動や他者との対人関係を著しく妨げる(例:社会的活動の回避、仕事または学校での生産性および効率の低下)。
この障害は、大うつ病性障害、パニック障害、気分変調性障害、またはパーソナリティ障害のような、他の障害の症状の単なる悪化ではない。 (ただし、これらの障害のどれに重なってもよい。
基準A、B、Cでは、症状のある性周期の少なくとも連続2回について、前視方的に行われる毎日の評定により確認される(診断は、この確認に先立ち暫定的に下されてもよい)。
大野 裕 著:「うつ病治療ハンドブック―診療のコツ」より