女性とうつ-更年期うつ


心療内科 精神科 医療法人和心会 あらたまこころのクリニック
〒467-0066
名古屋市瑞穂区洲山町1-49
TEL:052-852-8177

福祉のページ


更年期うつ

更年期障害とは

一般的に、更年期とは、閉経をはさんだ前後4~5年間くらい、つまり45~55歳くらいまでの時期をいいます。

更年期には、女性ホルモンの分泌が急激に減少します。これが、全身の臓器や代謝系に影響を及ぼし、さまざまな更年期症状が起こります。


こうしたホルモンの影響によって、以下に示すような、身体的な症状から精神的な症状まで現れることがあります。これら更年期障害の症状が、うつ病の症状の一部である場合があります。


更年期障害の症状
身体的な症状 精神的な症状
  • 頭痛
  • ほてり・のぼせ
    ホットフラッシュ
  • 発汗
  • 手足のしびれ
  • 便秘
  • めまい
  • 肩こり・腰痛
  • 動悸
  • 胸やけ
  • 冷え
  • 頻尿
  • 不眠
  • 憂うつ
  • イライラ
  • 集中力・記憶力の
    低下
  • 倦怠感
  • 不安
  • 意欲の低下

さまざまなライフイベントも影響

また、この時期には、子離れ、親の介護、夫の定年、肉親との死別などのライフイベントが多くあります。


家庭内での役割が大きく変化し、他にも、身体的機能や容貌も衰えるなど、不安定な心理状況なども発症の原因となります。


子どもの独立による「空の巣症候群」や、親の介護などからなる「介護うつ」なども、その一例です。


更年期障害かを見分ける

更年期障害かどうか、また更年期障害によるものだとしたらどの程度なのかは、「クッパーマンの更年期指数」や「簡易更年期指数(SMI)」等でチェックすることができます。


クッパーマン指数の求め方
症候群症状の種類症状の強さ評価度
症候群
神経障害様症状
・顔が熱くなる
・汗をかきやすい
・腰や手足がしびれる
・息切れする
3・2・1・0 4
知覚障害様症状 ・手足がしびれる
・手足の感覚が鈍い
3・2・1・0 2
不眠 ・なかなか寝つけない
・寝ついても目を覚ましやすい
3・2・1・0 2
神経質 ・興奮しやすい
・神経質である
3・2・1・0 2
ゆううつ ・ゆううつになることが多い
・ゆううつになることが多い
3・2・1・0 1
めまい ・めまいや吐き気がする 3・2・1・0 1
全身倦怠 ・疲れやすい 3・2・1・0 1
関節痛・筋肉痛 ・肩こり、腰痛、手足の節々に痛みがある 3・2・1・0 1
頭痛 ・頭が痛い 3・2・1・0 1
心悸亢進 ・心臓の動悸がある 3・2・1・0 1
蟻走感 ・皮膚を蟻が這うような感じがする 3・2・1・0 1
計算方法
 ① それぞれの「症候群」の、「症状の種類」ごとに、症状の強さを判断します。
   一番強い「症状の種類」の強さをその症候群の強さとします。
 ② 「症状の強さ」の数値に、「評価度」を掛けます。  「症状の強さ」×「評価度」
 ③ ②で得られた数値を合計した数値がクッパーマン指数です。
クッパーマン指数が 16~20 : 軽症 
クッパーマン指数が 21~34 : 中等度
クッパーマン指数が 35以上  : 重症  


更年期に起きるうつ病は気づきにくい

更年期障害の症状は、うつ病の症状と似ていますので、うつ病になっていても気づかず、見過ごされやすいのですが、心身の不調が長く続くときは、うつ病ではないかと疑ってみる事も必要です。


特に「強い憂鬱感」「何をしても楽しくない、興味がわかない」など抑うつ気分が2週間以上続く時は、更年期うつ病の疑いがあります。


また、PMS(月経前症候群)やPMDD(月経前不快気分障害)、産後うつ病の既往のある女性は、更年期うつになりやすいという報告もされていますので注意が必要です。


少しでも不安がある場合はなるべく早く専門医のいる医療機関で受診しましょう。


また、うつ病の治療では、家族や周囲のサポートがとても重要になります。

家族に、家事や親の介護などを分担してもらったり、周囲の人に話し相手になってもらったりして、ストレスを減らすように工夫をしましょう。